おすすめのドッグフードや日用品など愛犬との快適ライフを過ごすための情報サイト

WAN WAN LIFE

ドッグフード図鑑

【セレクトバランス・パピー用】は幼犬や妊娠、授乳期のワンちゃんにおすすめ?口コミや評価をチェック

投稿日:

 

セレクトバランス・パピーの当サイト評価

商品名 セレクトバランス パピー (チキン or ラム)
当サイト総合おすすめ度
分類 総合栄養食
原産国 アメリカ
対象ステージ 1歳未満の幼犬
妊娠・授乳期の母犬
対象犬種 全犬種
主な原材料 チキン、とうもろこし、米、玄米
穀物 × あり とうもろこし、米、玄米
酸化防止剤 ◎ ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物
着色料 ◎ 不使用
カロリー チキン・・373kcal/100g
ラム・・370kcol/100g
価格 1kg・・・約1,620円
3kg・・・約3,456円( Amazonで2018.8現在)
7kg・・・約6,210円( Amazonで2018.8現在)
※チキン
100gあたりのコスト 3kg・・・約115円
7kg・・・ 約88円
※上記価格より算出

こんにちは*わんわんライフ編集部です*

今日は市販のスーパーやペットショップでも売られているドッグフードのセレクトバランスを徹底検証していきます。

セレクトバランスにはたくさんのラインナップがあり、今回は1歳未満の幼用と妊娠・授乳期の母犬向けの「パピー・チキン」「パピー・ラム」のフード検証を行います。

こちらセレクトバランスのフードには4つのステージが用意されいます。

・パピー(1歳未満の幼犬用&妊娠・授乳期の母犬用)
・アダルト(1歳以上の成犬用)
・ライト(1歳以上の肥満傾向にある成犬用)
・シニア(7歳以上の高齢犬用)

の4ステージがあり、それぞれチキン味とラム味に分かれ、計8種類ものラインナップが用意されています。

 

編集部
セレクトバランスでは、海外とは違う日本の「完全室内飼育」や「小型犬」ブームの背景に照らし合わせ、日本の生活に合わせたフードづくりがされています

 

本フードのキャッチコピーとして

高品質の原材料、高い消化吸収性、抜群の風味と嗜好性、安心安全

と、フード紹介されています。

 

またパピー用のフードでは、

「育ち盛りの仔犬や妊娠・授乳期の母犬に必要な栄養素をバランスよく配合」

と表記されていますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

ドッグフード選びで迷っている方や、セレクトバランス・パピー用がどんなフードなのか知りたい方の参考になれば嬉しく思います。

今日は実際使用されている原材料や成分チェックをし、本当に安心して安全に食べる事のできるフードなのか徹底検証!

また一日にかかるコストや、食べている方々の口コミや評価おすすめの購入方法(最安値)をまとめて解説していきたいと思います。

原材料と成分から安全度を徹底検証

まず使用されている原材料が下記のようになっています。(気になる成分は赤字表記しています)

まずパピー用のチキンがこちら⇩

チキン、とうもろこし、米、鶏脂、ソイビーンミール、ビートパルプ、チキンエキス、乾燥卵、ビール酵母、乾燥ミルクプロテイン、キャノーラ油、クランベリー、フラクトオリゴ糖、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

パピー用のラムがこちら⇩

ラム、玄米、米、エンドウ豆プロテイン、鶏脂、ビートパルプ、チキンエキス、ビール酵母、乾燥ミルクプロテイン、クランベリー、フラクトオリゴ糖、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

ワンちゃんの体に一番必要な栄養素であるタンパク質を補う上での主原料としては、

パピーのチキン・・・チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール
パピーのラム・・・ラム、玄米、米

が使用されています。

 

こちらのとうもろこしは穀物の一種としてワンちゃんの体には良くない原材料になります。

本来穀物というのはワンちゃんの体に必要ではなく、人間と違い消化しにくい食べ物です。

アレルギーの危険性もある事から、最近では穀物を使用していない「グレインフリー」というドッグフードも増えています。

また米や玄米も種類としては穀物となります。

確かにこれらの穀物からはミネラルを豊富に摂取する事ができ、腸内環境を良くするものでもありますが、なるべく主原料で穀物が使用されているドッグフードには注意が必要です。

編集部
普段の生活でうんちの回数が多かったり、下痢が多いなんて方はフードの原材料にとうもろこしなどが入っていないかチェックしよう!

 

またラムの方ではエンドウ豆が配合されています。

そこまで気にする必要はないかもしれませんが、大豆アレルギーなどをお持ちのワンちゃんには注意が必要です。

 

そしてチキンとラムに含まれる〇〇ミールや〇〇エキスにも要注意。

この〇〇ミール、〇〇エキスというのは大幅なコストダウンする時に使われる原料で、危険とされる4Dミールに分類されます。

その危険と言われる4Dミールとは・・

Dead 死んだ動物の肉
Dying 死にかけた動物の肉
Diseased なんらかの病気にかかっている動物の肉
Disabled 怪我をしている動物の肉

編集部
ミールというのはどの部位が混ざっているか濁した表現であり、表記にはかけないような部位が混ざっている可能性大です。

 

またパピー用のラムで甘味料としてはビートバルプが使用されており、これにも注意が必要です。

ビートバルプ(砂糖大根の絞りカス)にはうんちの匂いを抑えたり硬くする効果があるのですが、硫酸系の化学物質が入っている可能性もあります。

 

少量なら問題ないと言われているビートバルプですが、どれくらい配合されているか実際は分かりませんので、頭に入れておきたいところです。

編集部
うんちの硬さが丁度いいからフードの相性バッチリ!と思っても、実際はビートバルプによる効果の可能性が高いので注意!

ドッグフードに含まれる【危険】な原材料や添加物、着色料のまとめ

 

酸化防止剤については、チキンとラム両方にミックストコフェロール、ローズマリー抽出物が使用されています。

人口の酸化防止剤を使用しているフードが多い中、セレクトバランスでは天然の酸化防止剤を使用しており、こちらはかなり安心ですね*

編集部
天然の酸化防止剤のフードは高品質というメリットがありますが、開封後の保管方法には注意しましょう。

 

授乳期や妊娠期のワンちゃんにはリンやカリウムなどのミネラルがいつも以上に必須の栄養素です。

セレクトバランス・パピー用にはこれらのミネラルの配合はバッチリされています。

 

続いて成分表が下記のようになっています。

パピー・チキン パピー・ラム
粗タンパク質 26%以上 27%以上
粗脂肪 17%以上 16%以上
粗繊維 3.5%以下 3%以下
粗灰分 8.5%以下 9.5%以下
水分 10%以下 10%以下
カルシウム 0.6-2.5% 1-2.5%
リン 0.8-1.6% 0.8-1.6%
メチオニン 0.4-1% 0.4-1%
エネルギー 373Kcak/100g 370Kcak/100g

 

こちらは下記のAAFCOが定める最低基準値とほぼ同じです。

タンパク質 脂質
AAFCO最低基準(子犬) 22.5以上 8.5%以上
AAFCO最低基準(成犬) 18%以上 5.5%以上
セレクトバランス・チキン ◎26% ◎ 17%

 

ドッグフード【成分表】の見方・各効果・理想の数値をかんたんに解説!

 

成犬用のセレクトバランス・アダルトと比べると使用されている原材料は基本的に同じです。

しかしタンパク質や脂肪分などの比率がパピー用の方が、多くなっています。

一番体が成長する時期や、高い栄養素が必要な妊娠・授乳期に合わせた配合になっている事が分かります。

 

セレクトバランス・パピーは総合栄養食ですので、基本的に本フードと水のみでワンちゃんの必要な栄養バランスをとれるようにつくられています。

編集部
一日の容量はしっかり守り、おやつなどをあげる時にはその分フード量を減らしながら与えていきましょう

食べてる方々の口コミ

実際にセレクトバランス・アダルトを食べている方々の口コミや評価をチェックしてみました。

Amazonカスタマー 
10ヶ月までロイヤルカナンをあげていました。
目やにが酷いのと粒が大きかったので試供品
でもらってよかったのでこちらに変更しました。
小さくて食べやすい、目やにが少なくなった
のがよかったです。

Amazonカスタマー 
わんこを飼い出してからずっと飼い続けてるドックフードですがペットショップで買うよりもお手頃な金額でとても助かっています。毎日あげるものなのでコスパ重視!
ドックフード自体うちのパピーちゃんは袋を開ける音を聞いただけではしゃいでいます。他の味も試してみようかな。と考えています!

Amazonカスタマー 
わんこを飼い出してからずっと飼い続けてるドックフードですがペットショップで買うよりもお手頃な金額でとても助かっています。毎日あげるものなのでコスパ重視!
ドックフード自体うちのパピーちゃんは袋を開ける音を聞いただけではしゃいでいます。他の味も試してみようかな。と考えています!

Amazonカスタマー  
愛犬のために購入。この餌が最近はお気に入りのようで、Amazonで頼めるのですごく助かってます。

Amazonカスタマー  
9か月のフレンチブルドッグ用に購入しました。
ペットショップで与えられていたものを継続して与えています。
どれだけ食べるんだ??というくらい食いつきがいいです。

出典

口コミをチェックしてみましたが、高評価が多いのが印象的でした*

一番多い口コミとしては食いつきが良かった!という声。ワンちゃんが美味しく食べれるよう嗜好性にこだわったフードというのも頷けます。

編集部
セレクトバランスには小粒と中粒タイプに分かれており、ワンちゃんにあったフードの大きさを選べるもの嬉しいですね!

最安値は?おすすめの購入方法

セレクトバランスは近くのペットショップやホームセンターでも発売されています。(一部では販売されていないお店もあります)

ネット通販でも購入することができ、 Amazonや楽天でもかなり安く購入する事ができます。

価格も変動しますので、近くのお店と比べながらお得に購入する事をおすすめ致します*

 

編集部
最安値はこちらから!

 

パピー・チキン・3kg用⇩

 

パピー・チキン・7kg用⇩

 

パピー・ラム 3kg⇩

 

パピー・ラム・7kg⇩

総合評価

総合的に検証した結果、当サイトでのおすすめ度は星3つです。

 

セレクトバランス・パピーのコンセプトとして、

高品質の原材料、高い消化吸収性、抜群の風味と嗜好性、安心安全

とありましたが、ワンちゃんの体におすすめできない原材料が多く含まれているのも事実です。

ただ100gあたりのコストが約88円とかなりコストを抑えたい方には嬉しい価格ではあります。

 

セレクトバランスは価格帯も割とお安めなドッグフードですので、使われる原価もその分かなり下げなければなりません。

原価を下げるために、〇〇ミールや〇〇エキス、穀物類を使ってフードのカサ増しされており、質より量といったドッグフードになってしまうのは否めません。

 

しかし使用している酸化防止剤が安全である事や、食いつきや口コミを見ると高評価が多いです*

また各ステージに合わせて必要成分の配合を調整しているので、どのフードを買えばいいか悩んでいる時に分かりやすいのもポイントですよね*

 

ワンちゃんの体の状態や、うんちの様子などにも注意を払いながら与えていく事をおすすめ致します。

 

検証結果、コスパ面から見ても価格に見合ったフードというのが当サイトでの評価です。

是非今回の記事が少しでも参考になれば幸いです*

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
WAN WAN LIFE 編集部

WAN WAN LIFE 編集部

「三度の飯より愛犬との散歩が大好き」のWAN WAN LIFE 編集長です*当サイトではおすすめドッグフードや日用品など、愛犬のための役立つ情報を発信していくメディアです*特に日本犬が好き*現在柴犬と妻の3人で生活中*

-ドッグフード図鑑

Copyright© WAN WAN LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.