おすすめのドッグフードや日用品など愛犬との快適ライフを過ごすための情報サイト

WAN WAN LIFE

ドッグフード図鑑

ドッグフードの【ニュートロ】はどれがおすすめ?シュプレモ、ナチュラルチョイス、ワイルドレシピを徹底比較!

投稿日:

こんにちは*WAN WAN LIFE編集部です*

今日は市販のペットショップやホームセンターにも売っているドッグフードの「ニュートロ」についての特集記事です。

たくさんのドッグフードがお店でも売っていますが、それら市販で購入できるドッグフードの中でも一番高い価格帯に位置するニュートロのドッグフード。

ニュートロとはメーカーの名前で、実際は「シュプレモ」「ナチュラルチョイス」「ワイルドレシピ」という3種類のドッグフードが販売されています。

当サイトでは以前、各フードの原材料や口コミなどを徹底検証した上で、市販のドッグフードの中でもおすすめできる優良ドッグフードとして紹介させて頂きました。

ドッグフード図鑑

【ニュートロ・シュプレモ】市販でも手に入る高級ドッグフードの口コミや評価・原材料を徹底検証

2018/08/11  

  Supremo(シュプレモ)の当サイト評価 商品名 Nutro Supremo(ニュートロ シュプレモ) 当サイト総合おすすめ度 種類 14種類 ドライ・・8種類 ウェット・・6種類 分 ...

ドッグフード図鑑

ニュートロ【ナチュラルチョイス】はおすすめ?口コミや評価、原材料から徹底分析!

2018/08/12  

  ニュートロ・ナチュラルチョイスの当サイト評価 商品名 ニュートロ ナチュラルチョイス 当サイト総合おすすめ度 種類 20種類 プレミアムチキン・・8種類 プロテイン・・6種類 スペシャル ...

ドッグフード図鑑

市販の高級ドッグフード【ワイルドレシピ】はおすすめ?口コミや評価、原材料を徹底チェック

2018/08/12  

  ニュートロ・ワイルドレシピの当サイト評価 商品名 ニュートロ ワイルドレシピ 当サイト総合おすすめ度 種類 8種類 ドライ・・チキン、サーモン、ラム、鹿肉 ウェット・・チキン、ターキー、 ...

 

今日はそんなニュートロのドッグフードをまとめて、各フードにどんな特徴があるのか、一日あたりのコスパを比べながら、迷っている方の参考になれば幸いです。

ニュートロとは

今では言わずと知れた有名ブランドですが、アメリカで生産しているドッグフードメーカーです。

「自然素材」に徹底的にこだわり、品質や安全面、栄養バランスにもこだわりぬいたドッグフードを研究しています。

安心して食べる事ができるよう、使用する原材料には厳選された食材を使用し、独自の「ミートファースト製法」で肉本来の美味しさを最大限に生かす作り方が有名です。

ニュートロのドッグフードは市販のペットショップやホームセンターでも手に入りますが、一番のデメリットは価格にあります。

市販で購入できるドッグフードの中では最上位クラスになるため、価格的に手を出しづらいところではありますが、十分コストに見合った高品質のドッグフードになります。

それではニュートロから出ている3種類のドッグフードを簡単に解説していきます。

シュプレモ

 

Supremo(シュプレモ)の当サイト評価

商品名 Nutro Supremo(ニュートロ シュプレモ)
当サイト総合おすすめ度
種類 14種類
ドライ・・8種類
ウェット・・6種類
分類 総合栄養食
原産国 アメリカ
対象ステージ 各ステージあり
対象犬種 全犬種
主な原材料 チキン
穀物 △ あり 玄米 粗挽き米 オーツ麦
酸化防止剤 ◎ ミックストコフェロール
着色料 ◎ 不使用
カロリー 小型犬・成犬用・・360kcal/100g
価格 3kg・・・3,550円(Amazon2018.8現在)
7.5kg・・・6,580円(Amazon2018.8現在)
100gあたりのコスト 約118円
※3kgの価格より算出

出典

Supremo(シュプレモ)には8種類のドライタイプと6種類のウェットタイプ計14種類ものラインナップがあり、各ステージごとで分かれている他、超小型犬・小型犬・その他でさらに分かれています。

 

シュプレモを見てパッと一番先に思いつくのが、なんだか新鮮で美味しそうと感じる方が多いと思います。

野菜や果物がイメージに描かれ、周りのドッグフードと比べてもなんだかお洒落なパッケージになっています。

しかし外見だけではなく、十分中身の品質も素晴らしいドッグフードです。

シュプレモは何と言っても「17種類の厳選自然素材のホリスティック・ブレンド」であり、自然本来が持つ美味しさと、栄養素による相互作用をうまく引き出すように開発されました。

 

口コミを見ても食いつきいい!が断トツに一番多く、美味しく食べてもらえる事に喜びの声が多かったです。

美味しさや安全面だけではなく、皮膚や毛並み、消化作用、健康な関節や筋肉づくりにも最適なフードになっています。

 

使用されている原材料がこちら⇩(気になる成分は赤字)

チキン(肉)、チキンミール、玄米、粗挽き米、米糠、鶏脂ラムミール、サーモンミール、タンパク加水分解物、エンドウタンパク、ひまわり油、亜麻仁、ビートパルプ、オーツ麦、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
*ミックストコフェロールで保存

第一主原料にチキン(肉)がきているのは安心ですが、〇〇ミールが使用されている事が気になります。

編集部
ドッグフードでは一番多い原材料から順に表記する必要があります。

 

本来犬は肉食なので、肉からとれるタンパク質の摂取が必要不可欠なのですが、市販のドッグフードでは第一主原料に穀物を使用しているフードもあります。

穀物は安価で原価コストを下げることができますので、安いドッグフードにはよく使用されます。

ニュートロシリーズでは第一主原料には必ず肉がきているので、ポイントはかなり高いです。

 

しかし〇〇ミールとは、表記にかけないような俗にいう4Dミール類に分類される事が多く、実際どのような部位の肉が混ざっているか分かりません。

厳選された高品質の肉をうたっている事から、そこまで品質の悪いミール類を使用しているとは思えませんが頭に入れておきたいところではあります。

 

こちらのシュプレモには穀物として、玄米、粗挽き米、米糠、オーツ麦が配合されています。

穀物不使用(グレインフリー)をお探しの方にはおすすめする事はできませんが、本来穀物アレルギーになりやすい「小麦のグルテン」は配合されていません。

 

またビートバルプ(砂糖大根の絞りカス)にはうんちの匂いを抑えたり硬くする効果があるのですが、硫酸系の化学物質が入っている可能性もあります。

少量なら問題ないと言われているビートバルプですが、どれくらい配合されているか実際は分かりませんので、頭に入れておきたいところ。(残念ながら今あるドッグフードのほとんどには配合されている)

編集部
うんちの硬さが丁度いいからフードの相性バッチリ!と思っても、実際はビートバルプによる効果の可能性が高いので注意!

 

酸化防止剤としては「天然」のものを使用しており、人口の添加物も配合されていないので安心です*

給与量&コスト

一日の給与量は下記のようになります。

 

編集部
一日あたりのコストがこちら!
1kg 35円
2kg 53円
3kg 70円
4kg 88円
5kg 106円
6kg 123円
7kg 135円
8kg 147円
9kg 165円
10kg 177円

100gあたりのコスト・・118円(3kg・・・3,550円(Amazon2018.8現在)から算出)

ナチュラルチョイス

 

ニュートロ・ナチュラルチョイスの当サイト評価

商品名 ニュートロ ナチュラルチョイス
当サイト総合おすすめ度
種類 20種類
プレミアムチキン・・8種類
プロテイン・・6種類
スペシャルケア・・4種類
分類 総合栄養食
原産国 アメリカ
対象ステージ 各ステージあり
対象犬種 全犬種
主な原材料 プレミアムチキン・・チキン、玄米
プロテイン・・ラム or 鹿肉 or フィッシュ、玄米
スペシャルケア チキン、玄米
穀物 △ あり 玄米、粗挽き米、米糠
酸化防止剤 ◎ ミックストコフェロール
着色料 ◎ 不使用
カロリー (小型犬・成犬用)
プレミアムチキン・・365kcal/100g
プロテイン・・355kcal/100g
スペシャルケア・・350kcal/100g
スペシャルケア(減量用)・・295kcal/100g
価格 3kg・・・3,300円(Amazon2018.8現在)
6kg・・・5,400円(Amazon2018.8現在)
※プレミアムチキンシリーズ
100gあたりのコスト 約110円
※3kgの価格より算出

ナチュラルチョイスには「プレミアムチキン」「プロテイン」「スペシャルケア」シリーズに分かれ、全部で20種類ものラインナップがあります。

編集部
ニュートロで一番種類が多いのがナチュラルチョイスです。

 

簡単に3つのシリーズをまとめると・・

プレミアムチキン・・第一主原料に高品質な肉を使用したシリーズ
プロテイン・・タンパク源を摂取する上でラム・鹿肉・フィッシュの3種類から選べ、アレルギー対策ができるシリーズ
スペシャルケア・・避妊・去勢犬用や減量・体重管理用の低カロリーのシリーズ

になっています。

 

シュプレモと同様、ナチュラルチョイスでも「ミートファースト」という独自の製法で肉本来の美味しさをつめこんだ作りになっています。

ワンちゃんに必要な栄養素を摂る上で欠かせない肉を、抜群の美味しさで味わってもらえるよう工夫がされています。

 

ナチュラルチョイスは何と言ってもラインナップがかなり多いので、ステージや目的別にフードを選びやすいのが最大の特徴です。

チキン、ラム、フィッシュに分かれ味を選べる他に、カロリーを抑えた体重管理用など選ぶ判断材料が多く、私たちも選びやすいかもしれません。

 

使用されている原材料(チキンシリーズ)はこちら⇩(気になる原材料は赤字)

チキン(肉)、チキンミール、オートミール、エンドウマメ、玄米、鶏脂*、ラムミール、大麦、粗挽き米、米糠、サツマイモ、タンパク加水分解物、ビートパルプ、亜麻仁、リンゴ、ブルーベリー、ニンジン、マリーゴールド抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

こちらもシュプレモ同様、第一主原料にチキン(肉)がきているのはかなりの高ポイントですが、チキンミール、オートミール、ラムミールと〇〇ミール表記されているのが気になります。

穀物としては玄米、大麦、粗挽き米、米糠が配合されているので、穀物不使用(グレインフリー)をお探しの方にはおすすめできません。

また甘味料としてビートバルプも配合されている点が気になります。

 

全体的には人口の添加物も使用せず(酸化防止剤も天然)高品質ですが、一部気になる原材料があるのも頭に入れていきたいところです。

給与量&コスト

一日の給与量は下記を参考にしてください。

編集部
一日あたりのコストがこちら!
4kg 82円
5kg 99円
6kg 110円
7kg 126円
8kg 137円
9kg 148円
10kg 165円

100gあたりのコスト・・110円(3kg・・・3,300円(Amazon2018.8現在)から算出)

ワイルドレシピ

 

ニュートロ・ワイルドレシピの当サイト評価

商品名 ニュートロ ワイルドレシピ
当サイト総合おすすめ度
種類 8種類
ドライ・・チキン、サーモン、ラム、鹿肉
ウェット・・チキン、ターキー、ビーフ、ターキー&ラム
分類 総合栄養食
原産国 アメリカ
対象ステージ 各ステージあり
対象犬種 成犬
主な原材料 チキン・・チキン、玄米
サーモン・・サーモン(すり身)
ラム・・ ラム(肉)
鹿肉・・鹿肉ミール
穀物 ◎ グレインフリー(穀物不使用)
酸化防止剤 ◎ ミックストコフェロール
着色料 ◎ 不使用
カロリー チキン・・375kcal/100g
サーモン・・380kcal/100g
ラム・・375kcal/100g
鹿肉・・375kcal/100g
価格 2kg・・・2,800円(Amazon2018.8現在)
4kg・・・4,880円(Amazon2018.8現在)
※チキン
100gあたりのコスト 約140円
※2kgの価格より算出

最後に紹介するのがワイルドレシピです。

こちらはチキン、サーモン、ラム、鹿肉の4種類からなり、ニュートロシリーズでは一番ラインナップが少ないです。

ワイルドレシピは犬種が「超小型犬〜小型犬用」となっている事から、主原料の違いで選ぶといった感じです。

こちらのワイルドレシピはなんといってもかなりの高タンパク質が最大の特徴。

平均的なドッグフードのタンパク質成分は25%前後が多いですが、ワイルドレシピは31〜33%!

ワンちゃんの体の60%はタンパク質でできており、何より必要な栄養素は動物性タンパク質です。

高品質の肉から摂取できる高タンパク質で、健康な体や筋肉が期待できる他、毛なみや毛艶も期待できそうです*

 

使用されている原材料がこちら。(気になる成分は赤字表記)

チキン(肉)、チキンミール、ヒヨコマメ、ラムミール、鶏脂*、乾燥ポテト、エンドウマメ、エンドウタンパク、タンパク加水分解物、アルファルファミール、ひまわり油*、ビートパルプ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

 

第一主原料にこちらもチキン(肉)がきているのはかなりの高ポイントですが、チキンミールとラムミールが使用されているのが気になります。

また甘味料としてビートバルプが使用されているのも頭に入れておきたいところ。

編集部
ワイルドレシピのラムシリーズにはビートバルプは配合されていません!

 

しかしニュートロシリーズでは唯一の穀物不使用(グレインフリー)で、全体的な安全度はニュートロシリーズでも一番です。

本来穀物はワンちゃんにとって必要な食べ物ではなく、消化しにくい食べ物でもあります。

確かにミネラルを摂取できるメリットもありますが、アレルギーの危険性もあるので最近では穀物不使用のドッグフードも増えています。

 

一番のデメリットは価格でしょうか。

ニュートロシリーズでも一番価格が高いのがワイルドレシピ。

小型犬用な事から一日あたりのコストはそこまで変わらないかもしれませんが、一番品質はいいぶん価格も高くなってしまいます。

給与量&コスト

一日の給与量は下記の表を参考にしてください*(下記は小型犬・成犬用を参考)


出典

 

100gあたりのコストは下記のようになります。

約140円 2kg・・・2,800円(Amazon2018.8現在)から算出

 

編集部
一日あたりのコストがこちら!
体重 一日あたりのコスト
2kg 63円
3kg 84円
4kg 105円
5kg 119円
6kg 140円
7kg 154円
8kg 168円
9kg 182円
10kg 203円

各フードの一日あたりのコストを比べて見ると・・・

シュプレモ、ナチュラルチョイス、ワイルドレシピの一日あたりのコストを比べてみるとこんな感じです。

体重 シュプレモ ナチュラルチョイス ワイルドレシピ
4kg 88円 82円 105円
5kg 106円 99円 119円
6kg 123円 110円 140円
7kg 135円 126円 154円
8kg 147円 137円 168円
9kg 165円 148円 182円
10kg 177円 165円 203円

どれがおすすめ?選び方は様々

ニュートロシリーズのシュプレモ、ナチュラルチョイス、ワイルドレシピを紹介させて頂きました。

どのフードも高品質で十分お勧めできるドッグフードです。

市販のペットショップやホームセンターでも販売されており、価格帯は周りのフードと比べて一回り高いです。

しかし十分コストに見合っており、是非一度食べてもらいたいドッグフードの一つです。

 

一番どれがおすすめかと言われると、やはりワイルドレシピですね*

タンパク質の量が豊富で、なおかつグレインフリーで安全面でも一番高いです。

 

しかしドッグフードというのは、一番はワンちゃんに食べてもらいながら、食いつき、体調、うんちの質、毛なみなど様々な判断材料から飼い主さん自身が見極める事が重要です。

どこを一番重要視するかはそれぞれ飼い主さんによって違います。

コストであったり、原材料であったり、カロリーであったりと様々です。

その判断材料としてこのような記事を書いていますが、あくまで一つの判断材料として読んでもらえれば幸いです。

 

ニュートロシリーズではどれも高品質で口コミも素晴らしいので、3種類をローテーションにしながら色々食べさせている方もいらっしゃいます。

 

飼い主さんやワンちゃんにとって理想のドッグフードが見つかれば嬉しく思います*

 

シュプレモ、ナチュラルチョイス、ワイルドレシピについては下記の記事でも詳しく解説しています。

口コミやおすすめの購入方法まで記載していますので、興味のある方は是非ご覧ください*

ドッグフード図鑑

【ニュートロ・シュプレモ】市販でも手に入る高級ドッグフードの口コミや評価・原材料を徹底検証

2018/08/11  

  Supremo(シュプレモ)の当サイト評価 商品名 Nutro Supremo(ニュートロ シュプレモ) 当サイト総合おすすめ度 種類 14種類 ドライ・・8種類 ウェット・・6種類 分 ...

ドッグフード図鑑

ニュートロ【ナチュラルチョイス】はおすすめ?口コミや評価、原材料から徹底分析!

2018/08/12  

  ニュートロ・ナチュラルチョイスの当サイト評価 商品名 ニュートロ ナチュラルチョイス 当サイト総合おすすめ度 種類 20種類 プレミアムチキン・・8種類 プロテイン・・6種類 スペシャル ...

ドッグフード図鑑

市販の高級ドッグフード【ワイルドレシピ】はおすすめ?口コミや評価、原材料を徹底チェック

2018/08/12  

  ニュートロ・ワイルドレシピの当サイト評価 商品名 ニュートロ ワイルドレシピ 当サイト総合おすすめ度 種類 8種類 ドライ・・チキン、サーモン、ラム、鹿肉 ウェット・・チキン、ターキー、 ...

 

迷ったらこれ!あなたにおすすめのドッグフード【ベスト3】

ドッグフードが色々ありすぎてよくわからない、正直何を基準に選べばいいかわからないあなたへ。

良質なドッグフードの基準となるグレインフリー(穀物不使用)、添加物、人口の酸化防止剤など一切配合されていないフードの中でも特にコスパ・口コミ・中身が優れた3つの商品をおすすめします!

これ選んでおけばとりあえず間違いはなし!公式サイトではお得なキャンペーンも開催されているので是非チェックしてみてください*

第1位 モグワン

とりあえず迷ったらこのフード!高タンパク低カロリーでどんなワンちゃん・どの年齢層にもおすすめ!中身が素晴らしくマイナス要素が見つからないほど100点満点の最高級ドッグフード*公式サイトでお得なキャンペーン開催なのでお見逃しなく!

第2位 カナガン

こちらもモグワン同様、グレインフリー、添加物や酸化防止剤、着色料など一切配合なしのヒューマングレードのプレミアムフード。チキンをベースに豊富なタンパク質を摂取し、必要な栄養素満点のSランクドッグフード*

第3位 アランズ ナチュラルドッグフード

安心・安全の完全無添加にとことんこだわり、ワンちゃんに必要な10種類の原材料のみを厳選して作られたプレミアムフード。
体重や健康管理に重点を置いているワンちゃんにおすすめ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
WAN WAN LIFE 編集部

WAN WAN LIFE 編集部

「三度の飯より愛犬との散歩が大好き」のWAN WAN LIFE 編集長です*当サイトではおすすめドッグフードや日用品など、愛犬のための役立つ情報を発信していくメディアです*特に日本犬が好き*現在柴犬と妻の3人で生活中*

-ドッグフード図鑑

Copyright© WAN WAN LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.