おすすめのドッグフードや日用品など愛犬との快適ライフを過ごすための情報サイト

WAN WAN LIFE

ドッグフードの基本知識

ドッグフード【成分表】の見方・各効果・理想の数値をかんたんに解説!

投稿日:

こんにちは*わんわんライフ編集部です*

今日はドッグフードに記載されている成分表の見方を解説していきます。

数あるドッグフードを選ぶ際、皆さんは何を基準に選ばれていますか?

一緒に住んでいるワンちゃんが好きそうなもの、年齢、体型、アレルギーなど様々な要素を考慮して選ばれている方が多いかと思います。

どのドッグフードにも裏面や側面には必ず原材料と成分表が明記されています。

知識がある方ならそれらの2つを考慮し、各ドッグフードの特徴を把握できる方もいらっしゃいますが、なかなかそれらを見てもどう見ればいいか分からないと悩んでしまう方の方が多いかと思います。

編集部
今日はその成分表の見方を、誰でも分かるように解説していくぞ!

 

各それぞれの成分がどのような効果があるのか、理想の数値はいくつか、愛犬にあったフードを選びたい時に成分表をどのように参考にするべきか、に焦点をあてて解説していきます。

注目すべき5つの成分

まず成分表は、ペット安全法により記載する義務があります。

ですのでどのドッグフードにも必ず成分表の明記がされています。

実際に義務づけられている項目が5種類あります。それが

  1. 粗タンパク質
  2. 粗脂肪
  3. 粗繊維
  4. 粗灰分
  5. 水分

の5つになります。

ちなみに粗(そ)というのは「おおよそ」を意味しています。季節によって変動する事もあるので、このような明記になっています。フードによっては粗ではなく◯〜◯%と明記されている場合も。

 

また上記にあげた5つ以外にも、フードによっては明記されている場合もあります。

細かく明記されている方が安心感がありますし、そこで周りのフードと比べて差別化している場合もあります。

では上記にあげた5つの成分がどのような効果があるか解説していきます。

粗タンパク質 重要度

総合栄養食の基準・・・成長期や授乳期で22.5%以上、成犬、維持期で18%以上

まず成分表で一番注目したい成分がタンパク質になります。

タンパク質により、ワンちゃんの体が形成されるといっても過言ではありません。

編集部
健康に生きていくための一番重要な役割をタンパク質が担っているぞ!

 

健康で丈夫な体や、骨格、筋肉、皮膚、血液、臓器全てタンパク質が関係しています。

皮膚も関係しているので、毛並みや毛艶にも大きく関係します。

フードを変えて毛並みや毛艶が出てきた!なんて声が多いのも、高タンパク質のフードに変えたという理由が多く考えられます。

ゆえに高タンパク質なフードほど理想的。

理想は25%以上のフードを選びたいところ。

特に体が大きくなる時期や、元気いっぱいのワンちゃんには高タンパク質のフードがかなりおすすめです。

粗脂肪 重要度 

総合栄養食の基準・・・成長期や授乳期で8.5%、成犬・維持期で5.5%

次に注目したい成分が脂肪になります。

人間と一緒で脂肪の取りすぎは肥満の原因にもなるのは同じですが、脂肪はエネルギーのもととなる重要な成分です。

また脂肪もタンパク質と同様に、被毛(毛並みや毛艶)にかかわってきますので、摂取が少ないとパサつきやすくなってしまいます。

目安としましては8-10%が理想的な数値です。

ただ幼犬や妊娠・授乳中のワンちゃんは通常の成犬以上のエネルギーが必要になってくるので、それらの時期のワンちゃんには10%以上を目安に選ぶのがおすすめです。

粗繊維 重要度 

繊維は栄養分ではなく、消化されずうんちとして出ます。

繊維を摂る事により、体内にある余分な水分や老廃物を外に出してくれる効果があります。

プー助
便通を良くする効果があるんだね!

 

ただし繊維がワンちゃんにとって多いと、下痢の原因にもなりえます。

基準値の目安としては4%以下が無難です。

ワンちゃんの便の様子や、いつもあげていたフードの繊維の割合も比べながら参考にしていきましょう。

粗灰分 重要度 

粗灰分とはミネラルの事をさします。

人間と一緒で、体調を整える効果がミネラルにはあります。

カルシウム、リン、カリウム、ナトリウムなどを合わせて粗灰分(ミネラル)と表記される事が多いです。

こちらも体調バランスを整える重要な成分ですので、積極的に摂取していきたいところ。

基準値の目安としては5%〜10%を目安に選んでいきましょう。

水分 重要度 

水分はそのまんま水になります。

ドッグフードというとカリカリのドライフードをあげている方が多いですが、そのドライフードの中にも一定の水分が含まれています。

しかし実際はそこまで水分量を気にしなくて大丈夫です。

水でしたら私たちがそのまま与える事も可能ですので、わざわざフードの水分量を気にする必要はないからです。

基準値の目安としましては10%以下を目安に選んでいきましょう。

水分量が多いフードは腐りやすくなるので、その分酸化防止剤や添加物が多く含まれる傾向があります。そう考えるとなるべく水分量は少なめの方がおすすめです。

まとめ*迷ったらとりあえずタンパク質と脂肪をチェック!

いかがでしたか?

各成分の主な役割や、目安とする基準値を参考までに解説させて頂きました。

各成分の理想的な数値は下記の通りです。

粗タンパク質 【重要】 25%以上
粗脂肪 【重要】 8-10%
粗繊維 4%以下
粗灰分 5-10%
水分 10%以下

 

そしてもうどこを見ればいいか分からない!なんて方は「粗タンパク質」と「粗脂肪」の2つをとりあえずチェックしましょう!

まずその2つの成分をチェックしておけば間違いはないです。

 

そして今回紹介した目安の数値はあくまで参考値です。

ワンちゃんの年齢や体型によって、どこを目安にするべきかが変わってきます。

 

仔犬期や元気がありあまっているワンちゃんや痩せ気味で困っているワンちゃんは、高脂質、高カロリー

肥満や太りやすくお悩みのワンちゃんには、低脂質、低カロリー

などそれぞれワンちゃんの特徴によってフード選びも変わってきます。

 

一概に成分だけでフード選びはできず、一番は使用されている原材料に注目したいところ。

使用されている原材料は安全なものか、アレルギーの危険性はないかなどチェックしつつ、それから成分表を参考にフード選びする事をおすすめします。

そしていざフードを選んだからといって、それをワンちゃんが美味しく食べてくれるかは別の話。

ベストなフードを選んだつもりでもワンちゃんが食べてくれない・・と頭を抱える飼い主さんも多いです。

それくらいフード選びって単純に選べるものでもなく、ベストなフードを見つけるのは難しいですよね*

是非愛犬とご家族の方も大満足のドッグフードが見つかる事を願っています*

迷ったらこれ!あなたにおすすめのドッグフード【ベスト3】

ドッグフードが色々ありすぎてよくわからない、正直何を基準に選べばいいかわからないあなたへ。

良質なドッグフードの基準となるグレインフリー(穀物不使用)、添加物、人口の酸化防止剤など一切配合されていないフードの中でも特にコスパ・口コミ・中身が優れた3つの商品をおすすめします!

これ選んでおけばとりあえず間違いはなし!公式サイトではお得なキャンペーンも開催されているので是非チェックしてみてください*

第1位 モグワン

とりあえず迷ったらこのフード!高タンパク低カロリーでどんなワンちゃん・どの年齢層にもおすすめ!中身が素晴らしくマイナス要素が見つからないほど100点満点の最高級ドッグフード*公式サイトでお得なキャンペーン開催なのでお見逃しなく!

第2位 カナガン

こちらもモグワン同様、グレインフリー、添加物や酸化防止剤、着色料など一切配合なしのヒューマングレードのプレミアムフード。チキンをベースに豊富なタンパク質を摂取し、必要な栄養素満点のSランクドッグフード*

第3位 アランズ ナチュラルドッグフード

安心・安全の完全無添加にとことんこだわり、ワンちゃんに必要な10種類の原材料のみを厳選して作られたプレミアムフード。
体重や健康管理に重点を置いているワンちゃんにおすすめ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
WAN WAN LIFE 編集部

WAN WAN LIFE 編集部

「三度の飯より愛犬との散歩が大好き」のWAN WAN LIFE 編集長です*当サイトではおすすめドッグフードや日用品など、愛犬のための役立つ情報を発信していくメディアです*特に日本犬が好き*現在柴犬と妻の3人で生活中*

-ドッグフードの基本知識

Copyright© WAN WAN LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.